EOS kiss X2(18-55mm, 50mm)を愛用中。京都在住自転車通勤族。Twitterにもおります。
by siwapuri

TwitterとBloggerと

いまはこっちにいます。
http://siwapuri.blogspot.com/
http://twitter.com/#!/siwapuri
[PR]
# by siwapuri | 2011-01-04 10:10


アストル・ピアソラ/五重奏のためのコンチェルト

五重奏のためのコンチェルト

アストル・ピアソラ / BMG JAPAN

レコード屋でなっていた曲が気にいって店主にたずねてみたら、 アストル・ピアソラ五重奏団によるブエノスアイレスの冬だった。ピアソラってこんなによかったのか。いままで感情的な大げさな音楽は好きではなくて、パンクもヒップホップもニューウェーブも避けていたけれど、なぜこの音楽は好みなのだろう。アルゼンチンタンゴの特徴をとらえた言葉をさがしていたら、ちょうど読んでいた本からいいのがみつかった
単にマイナーなだけで哀しいだけっていう、まあ「エレジー」と言っておきましょうか。エレジーは日本人は得意ですね。あと、アルゼンチン・タンゴみたいに、長調と短調が行ったり来たりする躁鬱的なものも比較的得意だと思います(P.112)菊地成孔+大谷能生/東京大学のアルバート・アイラー(東大ジャズ講義録・キーワード編)
長調と短調といわれてもいまいち理解できないけれど、いわんとすることはわかる。きっと躁鬱が好きなのだ。もっとくだいた言葉で表現したのは小西康陽のもの。
忍び寄る人生の不安を音符に書き表すことに於ける天才として、ピアソラは間もなく中学校の歴史年表にも肖像が掲載されることだろう。(P.54)小西康陽/マーシャル・マクルーハン広告代理店。ディスクガイド200枚。
ピアソラはNUESTRO TIEMPOもよかった。次はアメリカンクラーヴェのものや、キップ・ハンランのアルバムも聴いてみたい。
[PR]
# by siwapuri | 2010-02-14 10:51


SOUND BLOCK (iPod 用アクセサリ)

f0001962_17271624.jpg
キッチンでも音楽を聴きたいと思って電気屋で小型のスピーカー物色したら SOUND BLOCK という iPod 用アクセサリを見つけた。これ最高。iPod touchとの一体感がすばらしい。小型のスピーカーながら、ボリュームの大きさも充分。もちろん音質はオーディオに劣るけれど、ヒップホップのような音楽はしょぼい再生装置で聴くほうがずっとサマになるということを発見した。割れた音が調理中の環境音とまじりあって、ああ、これこそ俺のヒップホップ!と思う。ついでに"PUFF!"の表現力も飛躍的にアップしてたいへんよいかんじです。いや〜ん! ※amazonだと1380円。
[PR]
# by siwapuri | 2010-01-04 17:27


京都の家具工房 フィンガーマークス

f0001962_0281767.jpg
ヨシカワさんこんにちは。
[PR]
# by siwapuri | 2009-11-09 00:30


加藤和彦の訃報は今年いちばんのショックだった。

f0001962_015679.jpg
加藤和彦の自殺には驚いた。あまりにも突然のことで。
数年前、木村カエラとサディスティック・ミカエラ・バンドを結成したことだけは知っていた。その音を聴くことはなかったけれど、元気そうな印象だったのに。

わたしにとっての加藤和彦はフォークルやサディスティック・ミカ・バンドの中心人物というより、ソロアルバムの「ぼくのそばへおいでよ」や「スーパーガス」の人だった。実験的でアングラ。だけどポップ。飄々したたたずまい。ちりめんボイス。この得体の知れない魅力的な世界はなんなんだ。と、何度聴いても思う。「多岐に渡る音楽的興味をひとつひとつ形にとどめてしまった欲望の爽快感がこのアルバムにはある」と、ぼくのそばへおいでよ を評したのは湯浅学だった。

ファッションリーダーとしても注目されていたというのは、「それから先のことは…」のジャケットをみれば伝わってくるものがある。派手なダブルのスーツにアディダスのカントリー、インナースリーブではラガーシャツとナイキのコルテッツを履いている。おそろい格好をした安井かずみも可愛い。すこし照れながら笑っている表情は、ふたりで撮りあったものではないか?などと想像させるいい写真だな。シンガプーラを鼻歌で歌いながら合掌。
[PR]
# by siwapuri | 2009-10-18 23:43


斉藤哲夫/さがみ湘@甲賀 ARI ARI

またまた自転車にのって甲賀 ARI ARIまで出かけた。5時間30分のハードな旅。

この日のライブは会場のPAが調子悪くて、音はいまいちだったけれど、斉藤哲夫/さがみ湘の歌と演奏はいつになく丁寧だった気がする。飛び入りのパーカッション二人にはひやひやさせられたが。アンコールは「まさこ」で終了した。

演奏後、斉藤哲夫さんと会話ができた。毎回サインをねだるせいか、顔を覚えてくれていたのが嬉しかった。
f0001962_1282882.jpg
今回はさいきん手に入れた「いつもミュージック」に。

そしていくつかのQ&A。

このアルバムは、タイトル曲が突出していると思うのですが、誰かのアイディアでソウルミュージックを取り入れたんですか?
「いや、僕が主導だね。当時ドゥービー・ブラザーズなんかが流行っていてね。あと、さかのぼってアイズレー・ブラザーズなんかも好きだった。ロサンゼルスからミュージシャンを呼んで気合い入れて作ったんだ。」
この曲は斉藤さんの全作品の中でも特殊な曲ですね。
「そうだね。異色だね」

アルバムの歌詞に悲壮感ただようものが多いのはなぜなんでしょう。
「この時期、スランプになっちゃって、曲がかけなくなってしまった。アルバムを作れないとなると違約金を払わなくてはいけないし。もう左手でかいてたよ」
船出 という曲もいいなと思いました。この曲や まさこ はアシッドフォークの影響を感じるのですが。
「アシッドフォークっていうのが何なのかちょっとわからないな。どういうものなの?」
ニック・ドレイクのような内省的なフォークのことなんですけど。
「それは知らないなあ。まさこのイメージは、レッド・ツェッペリンの 天国への階段 だね。あと、ジョン・レノンが歌ってた ジュリア。基本的に僕はビートルズの影響で曲を作っている」


…などなど。
最後のアシッドフォークについてのやりとりが興味深かった。だって「天国への階段」と「まさこ」は全然テイストが違うでしょう。あれを元ネタにアシッドフォークへ繋がるなんてその飛躍がすごい。もっといろいろ話をしてみたいと思わせる、超きさくな斉藤哲夫さんでした。
[PR]
# by siwapuri | 2009-10-14 01:59


まだ地に足ついてない気がした国立新美術館

f0001962_026744.jpg
国立新美術館は入れ物の面白さだけ味わった。展示は一般の作品が多く、見せ方も簡単で、外身のいかつさを展示にも期待すると拍子抜けすることになる。庶民的な美術館をコンセプトにしているけれど、それがぜんぜん馴染んでない。という印象を受けた。
f0001962_025598.jpg
f0001962_0254498.jpg
f0001962_0252046.jpg
f0001962_0252743.jpg
f0001962_0253889.jpg
こんな建物だから集客力はあるだろうけど、リピーターは少ないんじゃないか。たぶんもういかない。
[PR]
# by siwapuri | 2009-08-11 02:21


銀座ナイル G.M.ナイルさんの接客は最高

夕食は銀座にある「インド料理ナイルへ」出かけた。小西康陽の本にもでてきたお店。ちょっとだけおかしな日本語でしゃべるG.M.ナイルさんの接客が最高だった。「若旦那、水いれます。」とか。どこで覚えるのさそういうの。カレーは結構スパイシーで、マッシュポテトがはいってるのが変わってた。骨付きのチキンはテーブルで外してくれる。写真を撮っていたら、「いってくれたら写真撮ってから骨はずしたのに。もっとおいしそうだった!」とかつっこんでくれて、いちいちおもしろい。愉快なおっちゃんや。
f0001962_1584657.jpg
調べてみると、G.M.ナイルさんは有名人なのだった。
カレー研究家・警察評論家(愛好家)
東京農業大学非常勤講師

【生年月日】 1944年(昭和19年)8月6日
【血液型】A型
【出身地】日本(インドでの生活経験もある)(南インド:マリアラヌ語を話す)
【趣 味】スコッチウイスキーの収集
【略 歴】大学卒業後、日印友好の功績により勲三等瑞宝章を受けた父A.M.ナイル(故人)が始めた「銀座ナイルレストラン」の二代目オーナーとして経営に自ら腕を振るう。「日印親善は台所から」との父の意志を受け継ぎ、その味はさまざまな年齢層のファンを持つ。常連客には芸能人も多数いる。「ムルギーランチ」は絶品。
又レストランオーナー以外でも特に警察関係からの信頼は厚く、全国各地の警察組織での講演は数多い。無類の警察好きが高じて都内に個人の「警察資料館」を所有している。
他にも、店が歌舞伎座の楽屋向かいにあるところから清元(浄瑠璃)にはまっていて、海老蔵の襲名公演の「助六」で河東節(かとうぶし)十寸(ますみ)会御連中で出演経験がある。現在では長男との「くらま会」親子初競演も済ませ、多彩ぶりを発揮している。
その独特のキャラクターが受けテレビ・ラジオ・雑誌など多方面で活躍中である。
やっぱり本人もスパイシー。
[PR]
# by siwapuri | 2009-08-11 02:02


そうだ メイド喫茶、行こう。〜秋葉原って楽しいなあ〜

f0001962_0533585.jpg
秋葉原は初めてだった。メイドがうろうろしてて、オタクがいきいきして、わたしはオドオドしていたが、ここまできて、あの場所へいかなくてどうする! と、思いきって行ってきました、ぽぽぷれ。
f0001962_0535765.jpg
f0001962_0541079.jpg
なんてディープな看板なんだ!。これが大阪の日本橋だったなら、突撃しようとは思わなかったけれど、ここは東京の秋葉原。旅先での浮かれた気の力を借りてエレベーターをあがりました。

店内は、ごく簡素なつくりで、大きなスクリーンがあることを除けば、文化祭の延長のよう。でもそのチープな空間は、「おかえりなさいませご主人様」と出迎えられることで楽園に変わるのだから想像力ってすごい。注文したアイスコーヒーにミルクとシロップを頼むと、目の前でかき混ぜてくれたり、美味しくなる魔法を唱えてくれるんです。「おいしくなあれ おいしくなあれ 萌え 萌え きゅ〜〜」って。もちろん一緒に唱えるんですよ。はっはっは。メイドさんは皆かわいくてテキパキしててノリノリで最高でした。話をきくと、高校生と大学生が多いのだとか。「いってらっしゃいませご主人様」と言われて送り出される頃には、もうすっかりアキバの住民になれた気がしましたね。楽しかったので、もう一軒いきましたよ。えへへ。

あと、近辺をうろついていたら、篠原冴美という高校2年生のアイドルみたいな子が、とつぜん路上で撮影会みたいなものを始めたんですが、すぐさまオタクっぽい人々がどこからともなくわらわらと集まってきて、すごい勢いで写真をとり始めたのは圧巻でした。「こっちむいて!」「腕さげて!」なんて声までかけて超熱心。もちろんカメラは安っぽいコンデジなんかではなく、一眼レフの高級機(canon 5Dのひともいた!)。ストロボまで用意してる人もいて恐れおののきました。なんなんだこの熱意!。秋葉の現場を生で見ることができて、ほんとうに良かったです。わたしも負けじと一眼レフを取り出し激写しました。目線をくれると嬉しいですね。かなりドキッっとしましたよ。冴美たんかわいいお。いやあ秋葉原ってほんとうに楽しいですね。

f0001962_0542390.jpg
夜になると、昔ながらの硬派な看板が光りだしました。
[PR]
# by siwapuri | 2009-08-11 01:48


やっぱり東京のディスクユニオンはすごい。

f0001962_0154125.jpg東京は物価が高いという印象があるけど、レコードに関してはなぜか安い。マニアがたくさん潜んでいるからか。品揃えも恐ろしく良く、知らないレコードばっかりでわけがわからない。みな試聴もせずにガンガン購入しているのには驚いた。レコ屋のレジであんなに待たされたのは初めて。以下、ディスクユニオンでたくさん買ったレコード。一番うれしかったのはbud shank & his brazilian friends(pacific jazz)のUS盤。1500円!。

新宿ラテン・ブラジル館
o fino da bossa (rge)
pery ribeiro-leny andrade-bossa tres / gemini 5
tamba 4 / we and the sea

新宿ジャズ館
筒井康隆 山下洋輔 / 家
バド・シャンク / 昼と夜のバド・シャンク
チャールズ・ミンガス / メキシコの想い出
gabor szabo / magical connection

新宿ロック館
the left banke / walk away renee-pretty ballerina
tom jones / it's not unusual
the enlightening beam of axonda

神保町店
bud shank & his brazilian friends
paul winter / rio
elis regina montreux jazz festival com hermeto pascoal

[PR]
# by siwapuri | 2009-08-11 00:14




ブログパーツ
その他のPOST