EOS kiss X2(18-55mm, 50mm)を愛用中。京都在住自転車通勤族。Twitterにもおります。
by siwapuri

やがてブロガーはCSSを操りたいと思いはじめる

ブログをしばらく続けていると、レイアウトや画像や色や行間をいじりたくなってくる。
あらかじめ用意されたスキンはやたらと派手なのが多く、
個性を押しつけているようなのが多かった。
今使っているのはエキサイトのスキンを元に多少いじったもので
ウェブデザインをやっている友人に手伝ってもらった。

自分でこのblogをいじろうとしても、HTMLならまだしもCSSとなると全く意味がわからなくて、睨みつけても睨みつけてもアルファベットの羅列にしか見えず、どこをどうさわったらどうなるのやらという感じである。
でも、最近突如ひらめき、試行錯誤の結果、このブログの一部を変更できた(見る人がみれば、とってつけたような記述になっていると思われるけれるが)。意図がブラウザに反映されて嬉しい(Firefox2.0 MacOS 10.4)。
CSSの機能はイラストレーターでいう「スウォッチの特色」に近いと思う。
定義の数は少なくまとめること、わかりやすい名前をつけてやることが多分重要。

「はてなダイヤリー」なんかでよく見る、囲いの出し方もようやくわかった。とりあえずコメント欄で生成される囲い<div class="COMMENT">を流用。Googleノートブックにメモしていた望夫語録を囲ってみよう。
一般的に、リアル世界で満足度が高い人はネットには関心を持たない。リアル世界で満足度が低い人(若い人たちはその代表)ほどネットの可能性に興奮している。(P231)

リアル世界の物理的制約に規定されて生きざるを得なかった昔に比べて、制約が取り払われた分、個の目的意識がより問われる時代になったということだ。(P235)

「社会変化とは否応もなく巨大であるがゆえ、変化は不可避との前提で、個はいかにサバイバルすべきか」を最優先に考えてきた。(P238)
よしよし。この勢いでもう少しCSSの理解に努めたい。
[PR]
by siwapuri | 2008-01-25 23:44


<< ただの私(あたし)  オノ ヨーコ ルーファス・ウェインライト@な... >>


ブログパーツ
その他のPOST