EOS kiss X2(18-55mm, 50mm)を愛用中。京都在住自転車通勤族。Twitterにもおります。
by siwapuri

ただの私(あたし)  オノ ヨーコ

ただの私(あたし) (講談社文庫)
オノ ヨーコ / / 講談社
ISBN : 4061847503

ある意味、世界で一番有名な日本人、オノ・ヨーコが、生い立ちから、ファンからのバッシング、女性解放運動、ジョン・レノン殺害事件までを語った自伝的な本。いままでビートルズやジョン・レノン側からの視点でしか知らなかったオノ・ヨーコのことを本人の言葉で少しだけ知ることができた。

裕福な家に生まれたからこその逆差別と孤独な少女時代。
前衛アーティストとしての活動、カッティングイベントやお尻の映画、グレープフルーツという名の詩集(イマジンの元ネタになったやつ)。
音楽家 一柳慧と最初の結婚、トニー(アンソニー・コックス)と二度目の結婚、
最初の子供である京子を愛せなかったこと。
そしてジョン・レノンと三度目の結婚。
そのときジョン28歳、オノ36歳だったことなど。


語り口は率直で、あらかじめ抱いていたイメージとそんなに違いはない。
私は美人で、頭も悪くないし、身体もいいし、幼い時から、廻りの人に気をつかって、随分尽す性だし、今は、その延長で世界のために、と自分の出来るだけはしているのだから、自分では何もコンプレックスを感じていない。
それがこれだけ悪口をいわれてきた、というのはどういうことなのだろう。
さすが、スーパースターの孤独を受け止め、対等に(あるいはそれ以上に)向き合あってきた人。この本を読んで、オノ・ヨーコのイメージが変わりました。ってことはなかったけれど、ビートルズ解散前後なにかと過敏だったであろうジョン・レノンにとって、オノ・ヨーコという存在はこれ以上ない刺激だったのはよく分かった。やっぱりオノ・ヨーコはただものではない。

でも、オノ・ヨーコ自身への興味は未だ壁高く、キス・キス・キスなんかを聴くと、やっぱり近寄りがたいものを感じる。「抱いてよ」と連呼されても受け取り方にとまどう。オノ・ヨーコのうっふん/あっはん声は、ジュテーム・モア・ノン・プリュみたいにサウンドエフェクトとして受け流せない圧倒的な存在感がある。それは、同じ日本人が日本語で歌っているからだろうか。いやいや、そんなんじゃない何か。
あの曲は、スターティング・オーヴァーのB面であったり、同アルバムではA-2といういい場所に収まっていて、二人にとって絶対に聴かせたかったはずの曲と読み取れるけれども、いまだ再評価は難しい。

本を読んだあと、とりあえずはジョン・レノンを聴き直してみたくなった。オノ・ヨーコを聴くのはその後でのほうが面白いはず。

この本の装幀を飾る写真は、スターティング・オーヴァーと同じく篠山紀信。
[PR]
by siwapuri | 2008-01-30 22:51


<< 2月2日 節分祭り 吉田神社の夜 やがてブロガーはCSSを操りた... >>


ブログパーツ
その他のPOST