EOS kiss X2(18-55mm, 50mm)を愛用中。京都在住自転車通勤族。Twitterにもおります。
by siwapuri

獅子吼高原の「もく遊りん」

加賀へ向かう途中、獅子吼(ししく)高原にある「もく遊りん」にでかけた。
ここは、木材業をしている、株式会社 角永商店が営業する飲食店。
そばにある木工房では木材や木工製品の販売もあって、スローライフという言葉を持ち出すのがはばかられるほどの本格的な高原の山の家。
f0001962_1781599.jpg
f0001962_1782973.jpg

↓昼食にパスタランチと、どこか素朴なりんごのピッツァ(←メニューに従ってピッツァ)を食べた。
f0001962_178340.jpg
↓客層は子供連れ多し。窓の外では子供が庭で遊んでいた。
f0001962_17141167.jpg
BGMはずっとキャロルキングがなっていた。You Make Me Feel Like A Natural Woman.という歌詞がはまりすぎる。



獅子吼高原はスノーボードとスカイスポーツが盛んな場所であるらしい。
この季節はどちらも中途半端であるけれど、カイトをあげる大人と子供をちらほらみかけた。凧揚げじゃなくてカイツという雰囲気のやつを。

フリー・デザインのコーラスが脳内で鳴り出す。
I like flying, flying kites. Flying kites, flying kites. Kites are fun.
カイツ・アー・ファン。

パラグライダー用のゴンドラにもうれしがってのってみた。
風が強かったので、運行できるタイミングをまって。
f0001962_1791962.jpg
今日は揺れますよ。と脅されるほどは揺れなかった。
f0001962_1793227.jpg
でも帰りは、相乗りを勧められた。
f0001962_1794411.jpg
山の上は、まだ雪が残っていて、風は強く冷たかった。
f0001962_1784453.jpg
パラグライダーが飛び立つ場所に立ってみると足がすくむ。
“獅子吼高原の山麓からゴンドラで一気に登ると金沢平野、遠く日本海まで一望できる標高650mの眺望が目の前に飛び込んできます"
という謳い文句は、曇り空のせいでいまひとつだったけれど、もうすこし暖かい季節になれば気持ちがよさそうな場所。こんな景色の中へ飛んでみたい。


もく遊りん 石川県白山市八幡町リ1-6
[PR]
by siwapuri | 2008-03-16 17:43


<< 中谷宇吉郎 雪の科学館 金沢21世紀美術館のタレルの部屋 >>


ブログパーツ
その他のPOST