EOS kiss X2(18-55mm, 50mm)を愛用中。京都在住自転車通勤族。Twitterにもおります。
by siwapuri

<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


長谷川健一・吉田省念@UrBANGUILD

f0001962_16135486.jpg
平日の夜、長谷川健一・吉田省念@UrBANGUILDにいってきた。2組ともソロライブ。吉田省念の弾き語りは、バンドで聴いたことのある曲から、はじめて聴く曲や、ビートルズのカヴァーまで。曲間は軽くしゃべりがはいってリラックスした雰囲気で、演奏中はいつになく楽しそうにみえた。彼の演奏を聴いていると、音楽を聴くこと、演奏すること、の好きさがにじみ出ているなあと思う。f0001962_16142585.jpg

後半はミュージック・ソーの吉岡さんを加えて2人で演奏。ミュージック・ソーとは、のこぎりのことで、弓で弾いたり手で叩いたりすると、アニメの効果音のような音がしたり、テルミンのような浮遊感のある音色が響きわたる。演奏している様は、楽器を演奏しているようには見えないくらい独特。世界各国の愛好家はそれぞれ独自の演奏法を開発しており、「メソッドがないのがメソッド」である楽器ともいえる。とはwikiより。
カントリーでよく使われる楽器でもあるそうで、アメリカではミュージック・ソー大会まであるとか。向こうでは民族楽器の一種という扱いなのだろうか。
日本ではノアルイズ・ マーロン・タイツや、さがゆき+大友良英 SINGS 中村八大 で聴いたことがあった。
f0001962_1615140.jpg
はじめてみた長谷川健一は、【ミニシアター系】【センチメンタル】【モラトリアム】というタグをつけたくなるような感じ。今日の女性客の多さは彼によるところが大きい。という噂も納得の男前。演奏はエレキとアコギで弾き語り。裏声を多く用いたボーカル。音楽のバリエーションはちょっと単調だなと思った。

この日は、会場で偶然の出会いを楽しみつつ、焼酎一杯でへべれけになって帰宅。
[PR]
by siwapuri | 2008-07-31 12:35


とんがって本気 / 加賀 まりこ

とんがって本気
加賀 まりこ / / 新潮社

いまでは高価な写真集となった「PRIVATE」のことが少しだけ書いてある。という理由でブックオフで買った加賀まりこの自伝的エッセイ。期待の箇所はいまいち肩すかしであったけれど、“緊張と弛緩こそ、人生の媚薬なのだ"という、まりこ語録の通り、背伸びして強がってつんのめるように生きてきたという性格は、著名人たちとの華麗な交友から、結婚、出産、に至るまでいかんなく発揮されていて華々しい。未婚での出産、子供の死、離婚などの苦しいことについてもさばさば書かれている。

読み切って印象に残ったのは、お気に入りの場所として京都・紫野にある「高桐院(こうとういん)」があげられていたこと。それから、父方の伯父は「ライトパブリシティ」の経営をしており、そこでカメラマン助手をしていたのが、おシノ(©加賀まりこ)こと若き日の篠山紀信だったこととか。これらはwikiにものっていなかった情報。近所の高桐院には近々いってみよう。
[PR]
by siwapuri | 2008-07-29 18:08


今年は早めの墓参り〜大谷から三年坂

カメラを変えた。ソニーのサイバーショットから、 キャノンのEOS kiss X2に。ファインダーを覗きながら、マニュアルフォーカスでピントを合わせる。シャッタースピードや、ISO、F値をいじる。こういうのはフィルムの一眼レフ以来なので久しぶりの感覚。失敗が多くて写真を撮るのが楽しい。

今日は一足早い墓参りにいってきた。大谷〜三年坂へ。

↓京阪五条からのこのこ歩いて大谷へ。
f0001962_22393498.jpg
↓橋の上から見える蓮の花。亀もいる。鯉は2、3匹死んでいた。
f0001962_22463925.jpg
↓涼しげな蓮の花。満開になるにはもう少し。
f0001962_2241272.jpg
↓人力車のおにいさんは男前が多い。体力だけでは生きていけない厳しい世界なのだ。
f0001962_22431497.jpg
↓けばけばしいオレンジ。観光地の風格。
f0001962_231214.jpg
↓ギャルと浴衣ギャル。
f0001962_2372843.jpg
↓東華菜館の川床を横目で観て帰る。
f0001962_22433990.jpg

[PR]
by siwapuri | 2008-07-27 22:45


京都の観光 〜インクラインから南禅寺

f0001962_03685.jpg
f0001962_036247.jpg
f0001962_0355432.jpg
f0001962_0354713.jpg

f0001962_0353117.jpg
f0001962_0561292.jpg
f0001962_0352397.jpg
f0001962_0353813.jpg

[PR]
by siwapuri | 2008-07-21 00:33


歴史の街、奈良なんだ

f0001962_23414734.jpg
三連休の二日目は、奈良国立博物館まで出かけた。
歴史好きにはたまらない「国宝・法隆寺金堂展」があったのだ。
須弥壇四隅に安置されて本尊守護の役割をになう木造四天王立像(国宝)が、四体そろって寺外で公開されるのは初めてのことです。『日本書紀』にも記載のある作者、山口大口費(やまぐちのおおぐちのあたい)らによって造られたクスノキ材を用いた彫刻で、古代東アジア美術の様々な要素が凝縮した見事な彫像です。
こ、これはすごい…。のかどうかは、歴史の知識がさっぱりないのでわからんのだが。すまん四天王。
[PR]
by siwapuri | 2008-07-20 00:48


秋田道夫「やさしいデザインのはなし+デザインフリマ 」

f0001962_1161555.jpg
淀屋橋の芝山ビルまでプロダクトデザイナー秋田道夫による「やさしいデザインのはなし」を聞きに出かけた。
客層は「これからデザインの仕事を始める人」から「活躍中の人」まで。
熱心なデザイナーと秋田道夫ファンで会場は満員になっていた。

秋田道夫を僕が知ったのはつい最近のことで、あの客層の中ではかなりミーハーな部類。しかもそれは「プロダクトデザイナーとしての秋田道夫」として知ったのではなく、「ブロガーとしての秋田道夫」だったりするのでなおさら。どういうプロダクトをデザインされてきたのかを、ほとんど知らないままテキストで惹かれてしまっていたというパターン。

そんな経緯でこのイベントにたどり着いたせいか、この日の話で印象に残ったのはこんな発言だった。
「僕はあるときからデザインの勉強をやめました。そして、デザインを知らない人にわかってもらうための語彙を増やす勉強を始めました。」

「デザインを愛されるには デザイン以外を愛されるべき」
…なるほど、どうりで惹き寄せられるテキストなわけだ。笑いをまじえた話も面白かった。人柄もおちゃめで素敵でした。秋田さん、デザインも、デザイン以外も愛してます。
[PR]
by siwapuri | 2008-07-10 01:15


なぜデザインなのか。 原 研哉/阿部 雅世

なぜデザインなのか。

原 研哉/阿部 雅世 / 平凡社


付箋は1カ所だけつけた。
コミュニケーションの目的は理解を生み出すことだと思われているけれども、実は理解されると、コミュニケーションの運動はそこで終わってしまうんですね。誤解を恐れずに言えば、理解されるということは、消費されるということでもあるんです。だからブランドの運用にしても、永久に理解から逃れ続けていくというか、理解したと思われないように、いつも未知なものとして興味を更新させ続けることが大事なんです。それがコミュニケーションだと思っています。p2
これはブランドにかぎらず、ウェブサービスや人間関係、はたまた音楽や文学においてもあてはまることなのだと思う。安心、安全、分かりやすさだけじゃ長期的な関係において、なんとはなしに興味を失ってしまうのが普通だと思うから。
[PR]
by siwapuri | 2008-07-02 00:57




ブログパーツ
その他のPOST