EOS kiss X2(18-55mm, 50mm)を愛用中。京都在住自転車通勤族。Twitterにもおります。
by siwapuri

<   2010年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧


アストル・ピアソラ/五重奏のためのコンチェルト

五重奏のためのコンチェルト

アストル・ピアソラ / BMG JAPAN

レコード屋でなっていた曲が気にいって店主にたずねてみたら、 アストル・ピアソラ五重奏団によるブエノスアイレスの冬だった。ピアソラってこんなによかったのか。いままで感情的な大げさな音楽は好きではなくて、パンクもヒップホップもニューウェーブも避けていたけれど、なぜこの音楽は好みなのだろう。アルゼンチンタンゴの特徴をとらえた言葉をさがしていたら、ちょうど読んでいた本からいいのがみつかった
単にマイナーなだけで哀しいだけっていう、まあ「エレジー」と言っておきましょうか。エレジーは日本人は得意ですね。あと、アルゼンチン・タンゴみたいに、長調と短調が行ったり来たりする躁鬱的なものも比較的得意だと思います(P.112)菊地成孔+大谷能生/東京大学のアルバート・アイラー(東大ジャズ講義録・キーワード編)
長調と短調といわれてもいまいち理解できないけれど、いわんとすることはわかる。きっと躁鬱が好きなのだ。もっとくだいた言葉で表現したのは小西康陽のもの。
忍び寄る人生の不安を音符に書き表すことに於ける天才として、ピアソラは間もなく中学校の歴史年表にも肖像が掲載されることだろう。(P.54)小西康陽/マーシャル・マクルーハン広告代理店。ディスクガイド200枚。
ピアソラはNUESTRO TIEMPOもよかった。次はアメリカンクラーヴェのものや、キップ・ハンランのアルバムも聴いてみたい。
[PR]
by siwapuri | 2010-02-14 10:51




ブログパーツ
その他のPOST